人工木材でウッドデッキを激安で設置する方法|DIYと業者の違い

投稿日:

更新日:

人工木材でウッドデッキを激安で設置する方法|DIYと業者の違い

ウッドデッキで使用される天然木材は、1平米あたり18,000円から40,000円と素材により価格は異なりますが少々高め。一方、樹脂を原材料として作られている人工木材は1平米あたり5,000円から10,000円と安く販売されています。少しでも安くウッドデッキを設置したいなら人工木材がおすすめ

ウッドデッキを設置後、メンテナンスをこまめに行う必要があったり耐久性に問題がある素材を使用するとランニングコストも大きくかかってしまいます。しかし、人工木材は耐久性に優れメンテナンスもほぼ不要。長期的に使うウッドデッキを激安で設置できる人工木材は優秀素材になります。

ウッドデッキを設置する際は素材選びが大切。予算を多額に準備しなくても憧れのウッドデッキの設置が可能な人工木材で、ウッドデッキのある生活を楽しみましょう。






1. 人工木材の素材と性質

ウッドデッキの素材には「天然木材」と「人工木材」があり、人工木材は天然木材よりもかなり安い単価に設定されているのが魅力。安い単価でウッドデッキを設置することが可能な人工木材とは、具体的にどのような商品なのでしょう。人工木材の素材と性質について見てみましょう。

1.1. 人工木材とは

人工木材とはなにかについて明確な定義はありません。しかし、一般的には木に似せて作られている工業製品のことをいいます。一言で人工木材といってもその種類はいくつかあり、下の表に書かれている素材のものが人工木材として扱われています。

  • 木粉(もしくはその他の素材)と樹脂を混ぜ合わせたものを原材料とした商品。
  • 樹脂のみを原材料とした商品。
  • 上記の2種類以外の素材を原材料としている商品。

木粉(もしくはその他の素材)と樹脂を混ぜ合わせたものを原材料とした商品に使われている樹脂には「ポリプロピレン」「ポリエチレン」「ABS樹脂」などがあり、混合比率によって特性が変化します。

また、樹脂のみや樹脂や木粉を使わずに作られている人工木材などもあり、各メーカーが独自の人工木材を開発・販売しています。希望に合う商品があるか、いろいろなメーカーの人工木材を見てみまし

1.2. 人工木材の性質

人工木材は天然木材と比べ耐久性に優れているため、ウッドデッキによく使われています。また、人工木材は天然木材よりも比較的安価で入手できるのも魅力の一つ。樹脂などを原材料にして作られている人工木材は加工しやすく、板の厚さによってはアール状に曲げることも可能。

天然木のように、汚れが板に染み込むことが少ないため比較的簡単に汚れを落としやすいという性質もウッドデッキに適しています。特に、時間が経って黒ずんでしまった汚れもデッキブラシなどでこするだけできれいにすることが可能。ウッドデッキを裸足で歩きたいと思っている人に最適の素材です。


2. 人工木材のメリットとデメリット

比較的安く販売されていて魅力たっぷりの人工木材。人工木材のメリットについてはほかにもあります。しかし、単価が高めの天然木材に対抗して作られている人工木材にはデメリットもあります。

人工木材のメリットとデメリットについて見てみましょう。

2.1. 人工木材のメリット

ウッドデッキの優秀素材である人工木材の最大のメリットは金銭的なことになります。しかし、メリットはほかにもあります。人工木材のメリットについて見てみましょう。

総合的な安さ

人工木材の最大のメリットは「設置時の費用の安さ」と「ランニングコストの安さ」です。とにかく費用を安く抑えたい人には人工木材がおすすめ。長期的に考えても費用は天然木材のウッドデッキよりも圧倒的に安く済ませることができます。

メンテナンスほぼ不要

樹脂などを原材料にして作られているためシロアリが発生する心配がなく、防腐処理などを施さなくても腐食する心配がほとんどない人工木材。天然木材の場合、時間の経過とともに板が割れてしまったり、ささくれや色あせが生じてきます。しかし、人工木材の場合このような心配は必要ありません。

多少の色あせは起こりますが、ほとんど気にならない範囲になります。

カラーバリエーションが豊富

人工木材はカラーバリエーションも豊富。そのため、リビングの延長線のようなウッドデッキを設置したいとき、リビングのフローリングの床色と似たような色の板を使うこともできます。フローリングを色を合わせることで、リビングを広々とした印象に変えることができます。

2.2. 人工木材のデメリット

ランニングコストの安さや害虫被害の心配がほとんどない人工木材。メリットたっぷりに感じる人工木材にもデメリットは存在します。人工木材のデメリットについて見てみましょう。

静電気が発生する

人工木材には「ポリプロピレン」「ポリエチレン」「ABS樹脂」といったものが使われています。この「ポリプロピレン」「ポリエチレン」「ABS樹脂」は、スーパーやコンビニのレジ袋の原材料にもなっており、静電気を発生させやすいという性質を持っています。

そのため、冬など乾燥している季節では静電気の発生に悩まされることも。静電気の発生を抑える対策としては、金具からアースを引き地中に埋める方法があります。

膨張する

多くの人工木材は熱や水分により膨張してしまうため、ひずみや変形による凹凸などができる可能性があります。余裕なスペースを作らずに、しっかりと枠内に人工木材を敷き詰めてしまうと膨張により変形やひび割れなどが起こる可能性があります。

夏は高温になり歩けない

樹脂などから作られている人工木材は熱を天然の木のように内側に閉じ込めることができません。そのため、表面が高温になってしまい裸足で歩くとひどい場合はやけどをする可能性もでてきます。また、太陽光を浴びて高温になった人工木材は変色や劣化の原因にもなります。

水はけが悪い

人工木材のウッドデッキは雨などの水が木の中に吸収されないため、いつまでも残ってしまいます。そのため、水を撒いたあとや雨のあとは拭き掃除などを行う必要があります。

チープに感じる

人工木材は天然の木に似せて作られているためチープさを感じる場合があり、きれいに仕上がっていても不満に思うかもしれません。人工木材は木のように見せているだけで、素材自体は樹脂であることを認識しておきましょう。


3. DIYなら人工木材の激安ウッドデッキが作れる

ウッドデッキを激安で設置したいたらDIYがおすすめ。板から加工するのではなく、あらかじめカットされた状態の商品をインターネットなどで購入することで簡単な組立作業のみでウッドデッキを設置することができます。人工木材のウッドデッキにはさまざまなデザインがあり、価格は2坪で約13万円と手頃。

インターネットでは、ウッドデッキ本体にステップやフェンスがついているセット商品も販売されているため、ウッドデッキDIY初心者でも手軽に挑戦できます。ただし、あらかじめカットされた商品を購入する場合、自分が設置したい場所の寸法と一致する可能性は低く加工が必要になることも。

多くの人工木材は中が空洞になっているため、力の弱い方でも簡単にカットできる仕組みなっています。軍手やドライバーなど、最低限必要な工具を準備して激安ウッドデッキ作成に挑戦しましょう。


ウッドデッキDIYでリビングを広くするのもおすすめ。大きな窓に隣接する位置に広々としたウッドデッキを設置することで、開放的な空間を作ることができます。ホームパーティや子供の遊び場、洗濯物干し場など使用方法はさまざま。

床の高さを一緒にすることで床面積を広く感じさせる効果を発揮。単調になっていた庭をおしゃれに演出することができます。休日のランチタイムや星空を眺めながらのディナーなど、周囲の視線を気になる場合にはフェンスを設置することでプライベート空間を守ることができます。    


4. DIYでウッドデッキを設置するメリットとデメリット

ウッドデッキをDIYすることは、簡単にいえば木の板を床のようにして組み、設置していくだけの単純作業。DIY初心者でもウッドデッキを作ることができるため、挑戦する人は多数います。DIYでウッドデッキを設置するメリットとデメリットについて見てみましょう。

4.1. DIYでウッドデッキを設置するメリット

DIY初心者でもウッドデッキに挑戦する人が多い理由に、費用を安く抑えることが挙げられます。通常、ウッドデッキを業者に依頼する場合ウッドデッキ本体の費用に加え、土台となる材料の費用や工賃、その他オプションについての費用などが必要になります。

DIYウッドデッキの場合でも、ウッドデッキ本体の費用や土台となる材料の費用、手すりや屋根などのオプションにかかる費用は必須。しかし、工賃に関しては自分が作成者となるため無料。余計な人件費がかからない分費用を安くすることができます。

また、DIY上級者にもなると自分の好きなデザインでウッドデッキの作成が可能。自分のイメージを業者に細かく説明する手間も省くことができます。ちなみに、ウッドデッキの相場は以下のようになります。

  • 人工木材:1坪あたり約13万円
  • ウリン(天然木材):1坪あたり約15万5,000円
  • アマゾンジャラ(天然木材):1坪あたり約14万円

このように、ウッドデッキの1坪あたりの価格はそこそこ高いため、設置する面積が広ければ広いほど高額になります。費用をできるかぎり抑えたいのであれば、DIYは最良の方法。人工木材を使用したウッドデッキなら加工しやすく激安ウッドデッキを設置することができます。

4.2. DIYでウッドデッキを設置するデメリット

イメージ通りのウッドデッキを作ることができ、費用も抑えることができるDIY。しかし、DIYウッドデッキにもデメリットがあります。それは、DIYをできる腕前が必要ということ。

DIYをみようみまねで行っても、それなりの形になるかもしれません。しかし、安定感に問題があったり耐久性に問題があったりするなど、完成後に不具合が生じる可能性があります。

ウッドデッキをDIYする場合には、DIYに関する知識や設備がなければ丈夫な木材加工ができないだけでなく、設計図の時点でミスがある可能性もでてきます。特に、設計図を初めて作成する場合には事前に練習を行ってから挑戦しましょう。

すべてが初めての状態からDIYを進めていくと、途中で不具合が生じウッドデッキを完成させることができなくなるかもしれません。失敗は成功のもとともいいますが、あらかじめ取り除くことができる失敗は取り除いておく努力をしましょう。


5. ウッドデッキはプロに依頼したほうが安心

ウッドデッキを激安で設置したいなら人工木材でDIYがおすすめ。しかし、ウッドデッキを組み立てるだけのセットが販売されていても、自分が希望する接地面積と同じ商品とは限りません。希望する接地面積よりも小さいサイズしか販売されていない場合には、追加の木材を購入する必要があります。

また、希望する接地面積よりも大きいサイズしか販売されていない場合には、木材をカットするなどの加工が必要になります。木材加工はDIY初心者には難しい作業。サイズを図り間違えてしまうと、組み立てたときのバランスがおかしくなってしまいます。

ウッドデッキのDIYに自信がないときはプロに依頼しましょう。設計図の作成や木材の加工など、余分な手間を省くことができ、基礎工事をしっかり行ってもらえることで耐久性に優れたウッドデッキが完成します。耐久性に優れた人工木材のウッドデッキは、メンテナンスがほぼ不要。

そのため、自分で不完全なウッドデッキを設置するよりも結果的に費用を安く抑えることができます。自分で作ることには限界があります。自分のイメージするウッドデッキをしっかりと伝え、安全性が確保されたウッドデッキを楽しみましょう。

ウッドデッキを依頼する業者探しはマッチングサービスのヌリカエがおすすめ。複数の業者に一括見積もりを依頼してくれるので、自分の希望に合う業者を見つけることができます。

6. 激安ウッドデッキもあるが長持ちさせたい場合は業者に任せよう

ウッドデッキは、単価の安い人工木材を使用すれば費用を抑えることができます。また、業者に任せずDIYでウッドデッキを完成させることで、かかるはずだった人件費などの諸経費も削減可能。しかし、プロが作るウッドデッキと素人が作るウッドデッキとでは仕上がりのきれいさが異なります

業者が作るウッドデッキは、土台となる部分の基礎工事もしっかりと行うため安定感があり耐久性にも優れています。素人の作るウッドデッキも、見た目には近いものを作ることは可能。ただし、長期的な目線で考えるとメンテナンスの手間や費用がかからない業者作成のウッドデッキがおすすめ。

ウッドデッキの費用を少しでも安く抑えたいなら、人工木材のウッドデッキを業者に依頼。メンテナンスがほぼ不要で、ランニングコストも抑えましょう。

6.1. 業者選びはヌリカエがおすすめ

ウッドデッキを設置したくても、どこの業者に頼んでよいのか迷ってしまいます。そのようなときにおすすめなのがヌリカエ。ウッドデッキの作成を請け負う厳選された複数のリフォーム業者に一括見積を依頼します。

業者選びは1社ずつ問い合わせるのではなく、複数の業者から見積もりをもらい比較・検討することが鉄則。予算やプランなどを見比べて、自分の納得のいく業者にお願いしましょう。