外構工事の見積もり確認は重要!内容から相場まで徹底解説

投稿日:

更新日:

外構工事の見積もり確認は重要!内容から相場まで徹底解説


画像:ピクスタ


家づくりにおいては費用の管理をしっかりすることが重要になります。費用の管理を間違うと、住宅ローンの計画がハズレてしまうこともあり、購入後の生活にも影響してしまうからです。

これは外構工事にも当てはまります。しかし、実際の住宅の購入の際には、外構工事は意外にも軽視される傾向があります。

例えば、住宅の予算において、外構工事は時にオプション扱いになっている場合が多いからです。

しかし、外構工事の費用は当然ながら安くは無く、時には購入者の予算計画を大きく狂わせる時もあるのです。

よって、外構工事の予算組みは意外に難しいものです。しかし、大きな金額を使用する以上、概略でも計画を立てなければなりません。そして、そこで必要になるのが外構業者の見積もりをしっかりと理解することです。

しかし、見積書を見ると様々な数字が並んでいて、なかなか難しいのが実際のところです。

そこで、ここでは外構工事の見積もりについて、次の点について解説していきます。

  • 見積もり書に記載されていること
  • 見積もりの取り方
  • 外構工事の相場について
Point
  • 見積もり書に記載されていることが分かる
  • 見積もりの取り方が分かる
  • 外構工事の相場について把握できる





1. 見積書に記載されている内容


画像:ピクスタ

まずは見積書に記載されている内容について説明します。

1.1 外構工事費用の総額

まずトップとして挙げられるのが外構工事の総額です。

外構工事には様々な工事が発生します。

例えば、門まわりの工事であれば門扉と門柱、車庫まわりであれば舗装やカーポート工事、塀であればフェンスやコンクリートブロックの塀工事などがあります。

しかし、これらの工事の費用は仕組みが分かりづらく、専門業者でなければ積算は出来ません。

外構工事業者はこれらの工事の費用を積み上げて総額費用を算出します。そして、この算出結果が外構工事の総額として見積もり書に記載されます。


1.2 工事費用の内訳

次に記載されるのが工事費用の内訳です。

外構工事の見積もりには、外構の各部分の見積もりが記載されています。例えば、「門まわり」「車庫まわり」「塀関連」といった具合にです。

しかし、明細としてはこれでは不十分なため、それら各部についても詳細が書かれます。

門を例に挙げると、門扉の製品代、工事費用、現場加工費用などです。


1.3 設置する製品のメーカー名・名称・仕様

見積書には製品の費用だけでなく、製品のメーカー名・名称・製品ID・仕様などが記されます。これは一見同等の製品の様に思えても、製品ID、サイズ、色、価格が違うためです。

また、製品はメーカー間で価格差が生じます。競争力が強く、大量に販売している場合は安くなりやすいです。

サイズや色によっても価格が変わるので自分でいろいろ調べてみるのもよいかと思います。

1.4 見積もりの日付・条件

見積もり書には日付や条件が記載されています。条件は見積もりの有効期限などです。

日付や有効期限は、実は非常に重要です。

と言うのも、外構工事はタイミングによって費用が変わることもあるからです。

例えばエクステリア製品のメーカーは、時期によっては特価で出す場合もあります。

また、年度末などの製品の入れ替え期などは、型落ち品などの在庫一掃もあり、製品価格は下がります。

逆に、有効期限が切れてしまうとその見積もり書は無効となり、その様な特典が無くなってしまいます。

そして、再見積もりが必要になり、状況によっては費用が上がります。

依頼する場合は、必ず有効期限内に依頼しましょう。

2. 見積もりの取り方


画像:ピクスタ

次に見積もりの取り方について紹介します。見積もりは業者に「見積もり書を下さい。」と依頼すれば簡単に取ることが出来ます。

ただ、見積もり書はすぐに出来るものではなく、時間や日数が掛かるので注意しましょう。

また、見積もり書は単に取ればよいというものではありません。取る上での注意点があります。

  

2.1 複数の業者から見積もりを取る

見積もりは複数の業者から取るべきです。

と言うのも、外構工事は同じ内容でも業者間で見積もり金額に差が出るからです。

前述の様に、見積もり価格は各工事の見積もりのトータル金額ですが、工事によっては業者の強みに差が発生します。
門まわりに強い業者もあれば、車庫まわりに強い業者もある訳です。

これは、製品の仕入れ値の違いであったり、業者の持っている人員や設備によって発生する差です。

例えば、メーカーから大量に仕入れて60%に仕入れ値を抑られる業者がある一方で、在庫を少なくして70%で仕入れる業者もあります。

また、業者の保有する建機などによっても工事費に差が発生することもあったり、業者によって出来る、出来ないの違いもあります。

さらに、専門業者の中でも元請けと下請けが業者があります。下請け業者の場合は比較的費用が高くなります。

よって、見積もりは複数の業者から取って、しっかりと比較をしましょう。

2.2 こちらの要望をはっきりと言う

見積もりを取る際には、こちらの要望をはっきり言うことが大切です。

外構工事を相談すれば、業者は良い案を考えてくれます。

しかし、その提案にはこちらの希望が完全に反映されているとは限りません。そのため、そのまま工事を始めるとイメージと違い、「こんなはずではなかった」と後悔することもあり得るのです。

例えば、駐車場を考えると、業者はコストを優先し、砂利敷きを提案して来るかも知れません。しかし、こちらとしてはコンクリート舗装をイメージしていたのに、言いそびれたとします。その場合、はっきりと言っておかないと、砂利敷きのまま施工が始まってしまいます。

その様な事態を避けるためには、こちらの希望を事前にしっかりと伝えることが大切です。

仕様が曖昧なままで工事に入ると後戻りは出来ません。

最初にしっかりと伝えて見積もり書を出してもらいましょう。

2.3 工事費用の詳細まで出してもらう

業者に見積もりを依頼する際には工事費用の詳細まで出してもらうことが必要です。

前述の様に、見積もりには様々な工事の費用が記載されています。しかし、業者によっては細かい部分までには言及せず、「一式」と書いて来る場合もあり得ます。

当然ながら「一式」としか書いていないと、どの部分にどれだけの費用が発生しているかが分かりません。また、どの様な製品を設置するかについても分からないままで始まってしまいます。

この様な事態を避けるためにも、見積もりは詳細まで出してもらうべきです。工事を相談する際に、見積もりの詳細まで依頼しましょう。

2.4 分からない点はしっかりと確認する

しっかりとした見積書には、見積もり条件から各部の工事内容と費用まで詳細が記載されています。

ただ、時として一般向けではない言葉も出て来ます。例えば、フェンスの施工の項目で「独立基礎」と記載していたとしても、それがどの様なものであるかは分からないケースも多いでしょう。

その様な不明点がある場合は可能な限り業者に確認し、詳細まで把握するべきです。知らないままでいると損失を被ることにもなり得ます。

確認すれば業者はちゃんと回答してくれます。事前にしっかりと確認をしましょう。

3. 外構工事の相場について


画像:ピクスタ


物品の売買には「相場」が付き物で、価格の計算の参考とされます。外構工事にも相場があります。

例えば以下の通りです。

  • 塀:100万円
  • フェンス:40~60万円
  • 駐車場:100万円

ところで、この価格はそのまま加算して工事費用を算出して十分なのでしょうか。

3.1 相場はあくまでも参考値

さて、ここで相場に対する考え方を説明します。

結論から言うと、相場はあくまでも参考値です。つまり、詳細まで踏み込んだ価格の計算までは出来ないのです。

ですから、実際の予算を考えるのであれば、相場からの算出値を積み上げた後で、ある程度の余裕を見ておく方が確実と言えます。

例えば、相場で100万円となるならば120万円の予算を見ておく、といった具合にです。

3.2 見積もりの仕方

それでは、見積もりの仕方はどの様になるのでしょうか。

見積もりは工事別に計算されます。つまり、庭の部分、門まわりの部分、車庫まわりの部分、と言ったイメージです。

次に、各部分の詳細について計算されます。例えばフェンスであれば、フェンスの商品名やサイズの記載の上で単価が記入され、併せて施工費用についても載せられます。また、車庫の場合などは舗装費用やカーポート、そしてゲートなどが製品代と工事費用が併せた積算になります。

また、製品が電動になる場合には付帯工事として電気まわりの工事も必要です。この部分も積算されて見積もりに乗せられます。

そして、それらの積算結果が合算されて最終的な合計金額となります。

尚、見積もりには別途運賃や管理費なども上乗せされることがあります。

3.3 見積もりと相場の比較

それでは、見積もり金額と相場を比較すると、どの様な状況になるのでしょうか。

これは確かにケースバイケースにはなりますが、傾向としては工事の規模が大きくなるほど差も大きくなると言うことが出来ます。

と言うのも、小さい敷地の工事では、仮に差があったとしても小さい金額の差で済みますが、工事の規模が大きくなると、その差が規模に比例して大きくなるからです。

そのため、工事規模が大きくなるほどに、業者の見積もりの重要性が大きくなります。

ですから、自宅の外構工事の規模が大きくなった場合こそ、きちんと見積もりを取るべきと言うことが出来ます。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか?

外構工事の見積もりの仕組みなどと併せて、外構工事の相場、そして見積もりの重要性の再確認をしてみました。

外構工事の検討には見積もりが欠かせません。工事を検討する際には、業者への相談とともに、見積もりを取ることをおすすめします。

また、複数の業者から見積もりを取ることは非常に重要なことなので、費用や内容などをしっかりと比較しましょう。

ただ、複数の専門業者を自分で探すのは大変かもしれません。

当サイトでも、専門オペレーターによる電話・メール相談や、地域の優良業者紹介を無料にて行なっております。

「エクステリアについて考え始めたけど、わからないことが多くて不安」「実際に頼むにしても、どこに頼んだら良いかわからない」「ハウスメーカーの言ってくれていることが本当なのかちょっと心配」といった方は、この機会にぜひ、まずは相談ベースにてお問い合わせください。


▼インターネット
T.Y.プラスター
ハピすむ



関連記事



関連する記事