ウッドデッキの値段の相場は?素材やオプションごとに徹底解説

投稿日:

更新日:

ウッドデッキの値段の相場は?素材やオプションごとに徹底解説


画像:ピクスタ

ウッドデッキを設けると、家の外観が向上することはもちろん、家族のくつろぎの空間を増やすことができます。

そのため、ウッドデッキを設けるべく、ウッドデッキの値段の相場をおさえておきたいと考える人は多いでしょう。

今回は、ウッドデッキの値段の相場について

  • 素材ごと
  • オプションごと
に解説します。

また、

  • ウッドデッキをリフォームする際にかかる費用の相場
  • ウッドデッキをDIYする場合にかかる費用の相場
もあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Point
  • ウッドデッキの素材別価格相場
  • ウッドデッキのオプションごとの価格相場
  • ウッドデッキのリフォーム価格相場



1. ウッドデッキの素材ごとの値段の相場は?


画像:ピクスタ

ひとえにウッドデッキといっても、素材によって違いがあり、値段も大きく異なります。

以下より、
  • ソフトウッドのウッドデッキ
  • ハードウッドのウッドデッキ
  • 人工木のウッドデッキ

それぞれの値段について、素材の特徴とともに解説します。

なお、価格相場は複数の価格比較サイトを参考に算出したものです。

1.1 ソフトウッドのウッドデッキの値段の相場は?


画像:ピクスタ

ソフトウッドとは、スギやマツ、ヒノキなどのやわらかい木材です。

ソフトウッドでつくられたウッドデッキはとても安く、7,000円/㎡から手に入れることができます。

木のぬくもりを感じられる素材ではありますが、腐りやすく、変形しやすいため、メンテナンスをしっかり行わなければなりません。

普段から丁寧に掃除をすることはもちろん、1年に1度は防腐塗装を行ってあげる必要があります。

しかし、大切に使っても、耐久性は10年ほどと言われているため、より長くウッドデッキを使いたいと考えている人にはあまりおすすめできない素材です。

1.2 ハードウッドのウッドデッキの値段の相場は?


画像:ピクスタ

ハードウッドとは、ウリンやアマゾンジャラ、イペなどの丈夫な木材のことを指す言葉です。

ハードウッドでつくられたウッドデッキはとても丈夫で、大切に扱えば、大きな修繕をしなくても30年はもつと言われています。

しかし、丈夫なだけあって、値段はとても高いです。

ハードウッドのウッドデッキの値段の相場は35,000円/㎡となっています。

ソフトウッドの値段と比較すると、5倍ほどの差がありますね。

ただ、ハードウッドはソフトウッドと比べて腐ったり変形したりしにくく、1年に1回程度、塗装したりサンダーで磨いたりするだけできれいに保つことができます。

長年にわたって木のぬくもりを感じられるウッドデッキでくつろぎたいと考えている人は、ハードウッドのウッドデッキを選んだほうがよいでしょう。

1.3 人工木のウッドデッキの値段の相場は?


画像:ピクスタ

人工木とは、樹脂を使って本物の木に似せてつくられた建材です。

触っても木のぬくもりを感じることはできませんが、メンテナンスをしなくても、いつまでもその外観を維持することができます。

人工木でつくられたウッドデッキの値段の相場は15,000円/㎡です。

日差しが強い日は高温になるために注意が必要ですが、メンテナンスがいらないというのは、子育てや仕事が忙しいという人にとって大変魅力的でしょう。

コストパフォーマンスを重視するのであれば、人工木を選ぶのがベストかもしれません。

2. ウッドデッキのオプションごとの値段の相場は?


画像:ピクスタ

ウッドデッキをつくるといっても、フェンスをつけたいと考える人もいれば、階段をつけたいと考える人もいるでしょう。

そしてもちろん、選択するオプションによってウッドデッキの価格も前後するものです。

以下より、

  • ウッドデッキのフェンス
  • ウッドデッキのステップ
  • ウッドデッキの束石
  • ウッドデッキの屋根
  • ウッドデッキのサンルーム
  • ウッドデッキの設置工事費
それぞれの値段の相場を解説します。

なお、価格相場は複数の価格比較サイトや価格を公表している施工業者のサイトを参考に算出したものです。

2.1 ウッドデッキにつけるフェンスの値段の相場は?


画像:ピクスタ

子どもを育てていたりペットを飼っていたりする人は、ウッドデッキにフェンスを設けると安全です。

ウッドデッキにつけるフェンスの値段の相場は10,000円/㎡となっています。

ただし、フェンスの高さや素材によって値段も変動するので注意してください。

2.2 ウッドデッキにつけるステップの値段の相場は?


画像:ピクスタ

比較的高さがあるウッドデッキを設ける場合、安全のためにステップを設けようと考える人も多いでしょう。

ウッドデッキにステップをつける場合の値段の相場は4,000円となっています。

ただし、大きく広いステップを設ける場合には、より多くの費用が必要になるので注意が必要です。

2.3 ウッドデッキにつける束石の値段の相場は?


画像:ピクスタ

ウッドデッキをつくる場所がコンクリートなどで平らに整備されていない場合、束石を設けてウッドデッキが地面に沈み込まないようにする必要があります。

束石の値段の相場は1個あたり500円ですが、束石には平らなものから厚みのあるもの、小さなものから大きなものまで様々なものがあるため、値段も様々です。

ウッドデッキを施工する場所の地面がやわらかい場合、束石のほかに地面を固めるための砂利が必要になります。

また、ウッドデッキの隙間から雑草が生えるのを防ぎたいのであれば、あらかじめ防草シートを敷いておくと良いでしょう。

束石を使ってウッドデッキを設置する場合、砂利や防草シートの費用がかかる可能性があるということも念頭に置いておいてください。

2.4 ウッドデッキにつける屋根の値段の相場は?


画像:ピクスタ

ウッドデッキをより快適な空間にしたいと考えている人やウッドデッキを長持ちさせたいと考えている人におすすめなのが、屋根付きのウッドデッキです。

ウッドデッキに屋根をつける場合の値段の相場は75,000円となっています。

ただし、ウッドデッキの屋根にはテラス屋根やオーニング、パーゴラなど、さまざまな種類のものがあり、値段もやはりさまざまです。

家の外観にぴったり合うものを選んで、ウッドデッキをより快適でおしゃれな場所にしてくださいね。

2.5 ウッドデッキにつけるサンルームの値段の相場は?


画像:ピクスタ

ウッドデッキにサンルームを設けると、ウッドデッキが贅沢な空間に様変わりします。

ウッドデッキにサンルームを設ける場合の値段の相場は400,000円です。

アウトドアリビングに憧れているという人は、ぜひ検討してみてください。

2.6 ウッドデッキの設置工事費の相場は?


画像:ピクスタ

ウッドデッキの施工を業者に依頼する場合、設置工事費がかかります。

ウッドデッキの設置工事費の相場は10,000円/㎡です。

大きなウッドデッキをつくる場合、その分設置工事費もかさみます。

しかし、大きなウッドデッキを素人がDIYするのは難しいので、必要経費として割り切った方が良いでしょう。

3. ウッドデッキのリフォームにかかる値段の相場は?


画像:ピクスタ

長年使ったウッドデッキをリフォームしたいと考える人も多いでしょう。

また、いつかウッドデッキが老朽化することを考え、リフォーム費用について知っておきたいという人も多いはずです。

そこで、以下より、ウッドデッキのリフォームにかかる値段の相場を解説します。

ウッドデッキの基礎や骨組みが活用でき、木材を張り替えるだけで済むのであれば、以下の表のようにウッドデッキの値段と変わらない価格で業者にリフォームを依頼できます。

ソフトウッド ハードウッド 人工木
7,000円/㎡~ 35,000円/㎡~ 15,000円/㎡~

しかし、基礎を含めての全面的なリフォームを業者に依頼する場合、ウッドデッキのリフォームの値段の相場は以下のようになります。

ソフトウッド ハードウッド 人工木
20,000円/㎡~ 50,000円/㎡~ 30,000円/㎡~

ちなみに、既存のウッドデッキにフェンスやステップなどのオプションをつけるリフォームを業者に依頼する場合、値段の相場は以下のようになります。

フェンス 20,000円/㎡~
ステップ 15,000円/㎡~
屋根 120,000円/㎡~
サンルーム 500,000円/㎡~

4. ウッドデッキのDIYにかかる値段の相場は?


画像:ピクスタ

ウッドデッキをDIYする場合、ウッドデッキの材料のみならず、ウッドデッキをつくるために使う道具も準備しなければなりません。

ウッドデッキをDIYするために必要な道具とその値段の相場は、以下の表のとおりです。

丸ノコ 5,000円
インパクトドライバー 4,000円
サンダー 3,500円
水糸 100円
チョークライン 1,000円
差し金 200円
メジャー 100円
ゴムハンマー 100円
クランプ 100円
剣先スコップ 1,000円
合計 15,100円

道具の合計費用、約15,000円と上述のウッドデッキの値段を足せば、ウッドデッキのDIYにかかる費用のおおよその相場を算出できます。

ソフトウッドの場合は7,000円/㎡、人工木の場合は15,000円/㎡を足して計算してみてください。

ただし、ハードウッドはとても硬いため、ハードウッドのウッドデッキをDIYするのはとても難しいでしょう。

そのため、ハードウッドのウッドデッキが欲しいという人は、専門業者に施工を依頼してください。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか?ウッドデッキの値段は、素材やオプションによって大きく変動します。

今回ご紹介した素材やオプションごとのウッドデッキの値段や、ウッドデッキのリフォームにかかる値段の相場、ウッドデッキをDIYする場合にかかる値段の相場などを参考に、ぜひ満足のいくウッドデッキをつくってください。

なお、当サイトでも専門オペレーターによる電話・メール相談や、地域の優良業者紹介を完全無料にて行なっております。

「エクステリアについて考え始めたけど、わからないことが多くて不安」「実際に頼むにしても、どこに頼んだら良いかわからない」「ハウスメーカーの言ってくれていることが本当なのかちょっと心配」といった方は、この機会にぜひ、まずは相談ベースでお問い合わせくださいませ。



関連する記事