外構工事を安い費用で済ませるコツや失敗しないポイントを解説

【投稿日】

【更新日】

外構工事を安く抑えるにはどうすればいいか、悩んでいませんか?

実は、そもそも外構工事の相場は約50万~100万円ほどかかります。この高額な費用を少しでも安く抑えるには、デザインをシンプルにしたり、必要な工事だけ絞ったり、自分でDIYをするなど工夫が必要です。

  • 外構工事の相場は約50万~100万円する
  • 費用を安くするには、デザインをシンプルにしたり、工事を絞ったり、DIYするなど工夫が必要
  • この記事では、外構工事の相場、費用はいくら?や、外構工事を安くするには?といった疑問を解決するために、外構工事の相場と費用、そして費用を安く抑える方法について解説します。

    これで、外構工事を安くすることで悩む必要はありませんよ。

    最後まで読めば、あとで後悔しない外構の選び方や、工事を依頼する場所まで分かります。ぜひ、ご覧ください。




    1. 外構工事の相場

    外構工事にかかる費用の相場を知っておくことは、費用を安く抑えるために大切なことです。どんな外構工事が必要で、どのくらいの費用がかかるのかを知っておけば、最終的に予算に見合った外構工事を選ぶことができます。主な外構工事の相場についてみていきましょう。


    1.1. 外構工事のおおまかな費用相場

    外構工事のおおまかな費用の相場は、約50~100万円になります。

    家の大きさや、敷地面積によって費用の差はありますが、駐車場を含むアプローチ部のリフォームを含めた工事の相場はだいたいこのくらいと考えておいてよいでしょう。

    外構工事に使用する材料などによっても変わってきますが、一般的には全体の建物建設費用の10%を使うと、バランスのよいエクステリアができるといわれています。そのため、建設費用がかかる大きな新築の家であれば、もう少し予算は高く見積もっておく必要があります。

    実際は、100万円~300万円前後で外構工事を行う人が多いです。

    例えば、2,000万円の新築の家であれば、200万円、3,000万円の新築の家であれば300万円となります。あくまでも相場となりますが、建設費用の10%を頭においておくとよいでしょう。


    1.2. 門周り

    門周りの外構工事は、門扉・門塀・表札などの部分の工事のことです。門周りは、デザインやスタイルによって費用が変わります。

    一般的に門の設置費用は2万円前後といわれ、門柱の設置は3万円/m~といわれています。

    平均的な相場は、門扉・門柱で8万円~17万円となります。

    門周りの工事の総額は、おおよそ15万円~30万円が相場となっています。

    門については、デザインやスタイルだけでなく防犯性や使いやすさなどを考慮して考えます。家のデザインに合ったものを選ぶことや、防犯性を考えて素材などを考えるようにします。選ぶ素材によっても費用が変わってくるので、自分に合った予算の中でデザインを選ぶようにしましょう。


    1.3. 玄関アプローチ 

    玄関アプローチとは、門周りから玄関にかけてのアプローチ部分のことをいいます。

    アプローチ部分の工事は、砂利やコンクリートなどを敷いたり石材を貼ったりする工事があります。デザイン性だけでなく、安全性や歩きやすさなどを含めて選びます。

    玄関アプローチの工事費の相場は、10万円~15万円になります。これは1平米あたりの値段で計算されることが一般的です。

    そのため、アプローチ部分の長さや敷地面積によって大きく変わるといえます。住宅密集地のような狭い敷地の場合であれば工事費用は抑えられますが、広い敷地の家であれば当然それだけ費用がかかります。


    1.4. 塀囲い 

    塀囲いとは、プライバシーの保護や防犯のための目隠しの役割のものです。

    外観にとっても目に入るものなので、デザインも考えておく必要があります。塀囲いの費用の目安は、おおよそ100万円ほどといわています。デザインや素材によっても違ってきます。

    費用は、業者で決まった単位で計算されます。面積であったり、ブロック積みの塀の長さによって費用が変わります。

    また、塀囲いは、あらかじめ何の目的で設置するか決めておきましょう。そうすると、どんなデザインが必要なのか、高さはどれくらいなのかスムーズに決めることができます。

    プライバシーの保護や防犯性を重視するのであれば、塀の高さは160㎝ほどは最低でも必要となります。デザイン性を重視するのであれば、高さにこだわらなくてもデザイン重視で選ぶことができます。


    1.5. フェンス

    フェンスも塀囲いと同じく、プライバシーの保護や防犯性を高めるための外構となります。フェンスは、素材によって費用の違いがありますが、おおよそ40万円~60万円が相場といわれています。

    アルミ素材のフェンスや樹脂、木材などがあり素材の違いや、使うフェンスの数によって変わります。

    塀囲いに比べて費用が安く済むため、簡単な目隠しであればフェンスを選ぶ人も多くいます。門周りだけでなく、隣家との境に作ったり、駐車スペースに作ったりと部分的に設置する場合もあります。


    1.6. 駐車場やガレージ

    家の敷地内の駐車場スペースやガレージの工事も外構工事のひとつです。駐車場やガレージの外構工事の相場は、おおよそ50万円~100万円となります。

    これらの駐車場の外構工事は、駐車台数や広さ、天井のタイプ、屋根の素材などで変わってきます。自分の家の駐車場がどの程度の広さで、どのような場所にあるかによって費用は変わってきます。

    防犯性などを考えれば、壁や屋根がある駐車場がベターですが、予算やスペースなどを考えて決める必要があります。


    1.7. 庭

    家の庭も外構工事のひとつになります。庭の工事は、庭の広さやどのような庭にするのかによって費用は変わってきます。庭に芝生を敷くような簡易的な工事のものであれば、1平米あたり1万円ほどで済みます。しかし、デッキやテラスなどを設置するような工事となれば費用は高くなります。

    デッキ設置の費用の相場は、50万円~100万円程度です。

    テラスの設置は10万円~50万円となります。

    そして、大規模に庭全体を造り変えるとなると100万円以上は考えておく必要があります。庭の工事は、その面積や設置するもので変わってくるので、あくまで目安として考えておきましょう。


    1.8. 照明

    門や庭、アプローチ部分に防犯のためや雰囲気づくりのために照明をつけるのも外構工事となります。特に防犯面に関しては、やはり照明は重要なポイントとなります。そして、デザインとしても照明は活かされるので、照明があるだけで雰囲気がガラリと変わるでしょう。

    照明のタイプはさまざまあるので、タイプによって費用は変わってきますが、おおよその費用は20万円といわれています。

    天井などを照らすライトのアッパーライトや足元を照らすフットライト、特定の場所を照らすためのスポットライトなどがあります。


    1.9. 境界ブロック

    外構工事には隣の家との境界線に境界ブロックを作ることもあります。境界ブロックの費用は、2段10mで8万円~10万円といわれています。

    境界線ブロックを建てる場合、隣家があるのであれば隣家の人と相談する必要があります。基本的には、両家で折半するのが通常です。

    境界線ブロックに関しては、自分達だけで行うわけではないので、早めの段階で相談しておく方がよいといえます。新築の場合であれば、業者が間に入ってくれるので、比較的スムーズに済ませられることも多いといえるでしょう。


    2. 外構工事を依頼する場所

    外構工事は、どこに依頼するべきなのでしょうか。外構工事は、ハウスメーカーやホームセンター、外構業者に依頼することになりますが、それぞれにあるメリット・デメリットなどどんな違いがあるのでしょうか。外構工事を依頼する先の選び方についてお伝えいたします。


    2.1. 外構専門業者

    外構工事を行うことができる業者である「外構専門業者」は、自社でデザインから施工までを行うのが特徴です。専門業者であるため、優れたデザイン性に加えて費用に関しても相談に応じてくれやすいというメリットがあります。

    ハウスメーカーやホームセンターに比べて、行きにくさがある人も多いですが、実は費用を抑えることができるのが、外構専門業者です。

    特にデザインを重視したい場合は、外構専門業者に依頼することがおすすめで、自分の思い描くデザインを伝えやすいので、思い描いたデザインにすることができます。

    しかし、業者によって得意なデザインが違うため、例えば和風が得意な業者に洋風なデザインをオーダーしても、思うようなデザインにならない場合もあります。多くの外構業者の中から自分のニーズに合った業者を選ぶことが大事です。


    2.2. ハウスメーカー

    家の建設を頼んだハウスメーカーに外構工事を依頼するケースもあります。

    しかし、ハウスメーカーに外構工事を依頼すると、費用が高いというデメリットがあります。

    ハウスメーカーは、住宅の専門であっても外構工事の専門ではないため、下請けの外構業者に工事を依頼します。そのため、通常より5%~20%上乗せされた金額を提示するのです。

    また、デザイン性に期待できない点もデメリットになります。

    大手ハウスメーカーの場合、決まった下請けの外構業者に、決まったデザインしか使わないためです。なので、デザイン性を重視したい人にはおすすめできません。

    ハウスメーカーに依頼するメリットは、住宅ローンを外構工事に含めることができる点です。

    費用を用意するのが難しい場合は、費用が割高でも住宅ローンに組み込められるのは大きなメリットですね。他にも、外構業者を探す手間が省ける点もメリットです。


    2.3. ホームセンター 

    ホームセンターに依頼するメリットは、近くに窓口があることです。

    地域のホームセンターにあるエクステリアセンターで工事を依頼できます。気軽に訪れることができるので、安心感と利便性という特徴があります。

    しかし、ホームセンターはハウスメーカーと同じく外構工事は専門外なので、外注の場合、費用が高くなってしまう可能性が高いです。


    3. 外構を安くする方法

    業者選びも重要なポイントですが、それ以外にも外構を少しでもお得に安く仕上げる方法があります。自分が納得いく外構工事にするために、少しでも費用を抑えるコツや方法についてお伝えします。


    3.1. シンプルなデザインにする

    外構工事の費用を安く抑えるコツは、シンプルなデザインにすることです。凝ったデザインにするほど、費用がかかってきます。

    デザインが凝れば凝るほど、材料費がかさんだり、人手や時間が必要です。そのため、必然的に費用が上乗せされていきます。

    外構工事の費用を安く抑えたい場合は、なるべくシンプルなデザインを選びましょう。


    3.2. 必要な工事だけに絞る

    外構工事を安く抑えるには、一度、工事内容を見直しましょう。なぜなら、最初はいろいろと取り付けてみようとしてしまいますが、不要な物まで取り付けようとしてしまうからです。

    例えば、必要なフェンスの設置や、アプローチ部分のコンクリート打ちを必要最低限にしたり、駐車場のカーポートを新築時ではなく後から設置したりすることで費用を抑えられます。

    自分の予算内に収まるためにも、余計な工事はできるだけ省いた外構工事を行いましょう。


    3.3. 自分で出来ることはDIY

    もし余裕があるのなら、DIYをしてみることもおすすめです。確かに、業者が行うような高度な工事を行うことは難しいかもしれませんが、簡単な工事なら素人でもできる可能性があるからです。

    例えば、植栽や表札、ポストであれば、自分でもDIYで作ることができると思いませんか?

    外構工事に依頼した場合、材料費だけでなく人件費など諸々の費用が入ってきますが、自分でDIYすると費用を抑えることができるのでお得ですよ。

    費用を安く抑えたい人は、ぜひDIYにチャレンジしてみましょう。


    3.4. 複数の業者に見積もりを依頼する

    複数の業者に見積もりを依頼することで、費用を安く抑えることができます。これは、1社だけの見積もりだけだと、相場を正しく判断できず損をしてしまう可能性が高いからです。

    そのため、1社に限らず複数の業者に見積もりを依頼することで、ほかの業者と比較して、相場を把握できます。結果的に、自分が納得できる業者を見つけられます。


    4. 後悔しない外構の選び方

    外構工事は、費用を安く抑えるだけでは納得のいく外構となるわけではありません。

    外構ができあがり、実際使っていく中で満足できるデザインや機能になっているかはとても重要です。後悔しない外構の選び方についてお伝えいたします。


    4.1. ライフスタイルに合うデザイン

    外構工事は、あなたのライフスタイルにぴったりなデザインを選びましょう。なぜなら、家族構成や地域によってライフスタイルが全く変わっていくためです。

    例えば、お子さんがいる家庭では、子どもが遊べる庭を用意したり、友達を集めてバーキューを行なったり、ペットを庭へ開放したり、駐車スペースを用意したり...と、それぞれのライフスタイルによって必要な外構工事も変わってきます。

    なので、あなたのライフスタイルに合わせた、ぴったりなデザインを選ぶことが大切です。


    4.2. 目的から選ぶ

    外構工事を失敗しないためにも、目的を明確にしてから選びましょう。なぜなら、目的を明確にすることで、何を重視するか決まってくるからです。

    例えば、外構で防犯を重視する場合は「クローズ外構」がおすすめです。なぜなら、周りが塀に囲まれているため、不審者の侵入を難しくするためです。

    しかし、費用を安く抑える場合は「オープン外構」がおすすめです。なぜなら、塀を設置しない外構なので、その分、費用を安く抑えることができます。

    このように、外構工事を失敗しないためには、あらかじめ目的を明確に決めておくことが重要です。


    4.3. 保障がしっかりしている業者を選ぶ

    外構工事を失敗しないためにも、保障がしっかりしている業者を選びましょう。なぜなら、業者によって保障内容が違うからです。

    外構工事の業者が設けている保障は、2種類あります。一つは「製品保障」、もう一つは「施工保障」です。

    「製品保障」はどの業者にも付いていますが、「施工保障」の場合、業者によってそれぞれ内容が違います。例えば、施工した物に不具合があった場合、何年間の修繕保障が付いていたり、無料点検が付いていたり、損害保険のみという場合もあります。

    あとで後悔しないためにも、業者がどのような「施工保障」を設けているのか、必ず確認しましょう。


    5. 理想の外構をお手頃な価格で依頼しよう

    ここまで、外構工事の相場、依頼する場所、費用を安く抑える方法と選び方について解説してきました。

    外構工事の相場は、約50万~100万円と高額です。しかも多くの人は、100万~300万円前後で工事を行っています。

    そのため、少しでも費用を安く抑えるには、シンプルなデザインにしたり、必要な工事のみに絞るなど事前にできる工夫が必要です。

    理想の外構を設置するためにも、工事費用を安く抑えて依頼しましょう。



    関連する記事