失敗しない外構工事業者の選び方とは?おすすめのポイントをご紹介!

投稿日:

更新日:

失敗しない外構工事業者の選び方とは?おすすめのポイントをご紹介!


画像:ピクスタ



住宅を購入する際に「業者選び」を間違ってはいけないことは、誰もが分かることだと思います。業者の選び方を間違ってしまうと「こんなはずでは無かった」という事態にもなり得るからです。

当然ながら、これは外構工事にも当てはまります。そのため、業者選びは慎重にしなければなりません。

しかし、いざ業者を選ぶ段階になると、「どの様な基準で選ぶか」が分からないケースも多いと思います。

そこで、この記事では次のケースについてご説明したいと思います。

外構工事をしたいとお考えの方は、ぜひご覧下さい。


Point
  • 外構工事業者の選び方を間違えるとどうなるか?
  • おすすめの業者、選んではいけない業者
  • 業者の選び方のポイント




1. 外構工事業者の選び方を間違えるとどうなるか?


画像:ピクスタ


まずは、外構工事業者の選び方を間違った場合について考えてみます。


1.1 工事がイメージと違った

まず最も多く挙げられるのが、施工後に「全くイメージが違った...。」という事態です。

これにはいくつかの原因が考えられます。例えば業者による確認の不足や、仕様が曖昧なままで着工したこと、あるいは着工を急ぎ過ぎたためなどです。

ただし、これは業者との話の進め方では十分、修正は可能ではあります。


1.2 思ったよりも費用が掛かった

エクステリア製品は意外にオプション扱いとなる部分が多いです。そのため、費用を見誤ることがあり、「思ったより高かった」という事態にもなり得ます。

例えば、カーポートを大きくして自転車駐輪部分を設置する場合、駐輪部分はオプションになり、費用は別途になります。

さらに、この費用は打ち合わせの際に漏れてしまうケースも多く、後で増し金部分の請求が発生し、「こんなはずでは無かった」といった具合になるのです。


1.3 故障や劣化が多い

業者を間違うと、故障や劣化が多くなる場合があります。

これには2つのパターンに大別されます。1つが施工技術の良くない業者です。

エクステリア製品は基本的には部材で出荷され、現場で組み立てます。そのため「施工の技術」が製品の出来栄えを大きく左右します。

つまり、施工技能者によって「腕の良さ」に大きな違いがあるのです。

当然ですが、腕のよい職人が工事すれば納まりが良く、それなりの職人が工事すればあまり良くはなりません。そして、その出来栄えによっては劣化や故障の発生確率が大きく変わります。

例えば、雨仕舞の良さは施工の技量によって大きく差が出る箇所と言えます。そして、その部分が業者の良し悪しとも言え、選定を間違ってしまうと故障や劣化が多くなるのです。

また、悪質な業者の場合は手抜き工事もあり得ます。これは性能が落ちるだけではなく、製品の故障にも繋がります。

例えば、エクステリア製品はビス止めが多用されます。そしてビスの使い方と本数は標準として決まっています。

しかし、「ビスを減らして施工する」手抜き工事があるのです。

ビスを減らすと施工の手間が省け、しかも早く施工が終わります。しかし、規定の締結力が出ないため、すぐに故障が発生するのです。

業者を間違えると、この様な手抜き工事をされる可能性が出て来てしまいます。

業者はしっかりと選びたいものです。


2. こんな業者がおすすめ


画像:ピクスタ


それでは、おすすめの業者の選び方について考えてみます。

2.1 納得のいくまで相談に乗ってくれる業者

外構工事で最も大切なことの1つは「相談」ということが出来ます。そして、良い業者というのは納得の行くまで相談に乗ってくれる業者。とも言えるのです。

最初の段階の相談をいい加減にして、こちらの意向をしっかり伝えなければ業者はイメージ通りの外構工事が出来ません。

また、良い外構業者は「出来ること」と「出来ないこと」をはっきりと説明してくれます。

エクステリア製品にも「出来ないこと」があり、強引に現場で加工をして設置すると、破損などもあり得るからです。


2.2 見積もりがしっかりしている業者

エクステリア工事の着工前に見積もりが業者から提出されます。

その見積もり書をよく見てみると、製品代や工事費などが詳細に記載されているものもありますし、「一式」と記載されているものがあります。

その場合、業者は詳細な見積もりを出してくれる方を選ぶべきです。

見積もり書の詳細には「どの商品をどれくらいの数量使うか」までがしっかりと記載されているべきです。そうでなければ価格構成が不透明で、場合によっては要望と違う物を設置されるかも知れないのです。


2.3 説明をしっかりしてくれる業者

エクステリア製品には用途と目的があるため、メーカーが「やってはいけないこと」を説明書として挙げています。

また、カーポートなどの場合は、雪が降った場合にどれくらいの積雪量で雪を下ろさなければならないかが決まっています。

これらのことは、本来ならば事前にしっかりと説明があるべきです。そして、その様なマイナスの部分まで説明してくれる業者がおすすめの業者と言えます。


3. 選んではいけない業者


画像:ピクスタ


次に、選んではいけない業者についてご説明します。

3.1 相談をしてもこちらの意思を聞いてくれない業者

状況にもよりますが、打ち合わせの際にこちらの意見をあまり聞かずに仕様を提案してきてゴリ押しされるケースです。

その口車に乗ってしまうと、結果的に「こんなはずでは無かった」という羽目になります。


3.2 仕様を変えて来る業者

エクステリア製品は企業間で「似た製品」が結構あります。

例えば、A社が斜め格子のフェンスを持っていたとすると、B社も同じ様なデザインの物を持っている、といった具合にです。

ところが、一見すると同等の物に見える両者ですが、微妙に違う場合があります。

多い例が「色」です。

そのため、こちらが門扉とフェンスの両方をA社でオーダーしたとしても、業者が門扉だけを安いB社の同等のデザインの物に変えてしまい、色の違いが目立つことがあります。

その結果、コーディネイトが崩れ「こんなはずでは無かった」と言う羽目になります。


3.3 説明をあまりしてくれない業者

先に「確認をしないままで着工すると後悔する場合がある」ことや「説明をしっかりする業者がおすすめ」と述べました。

一方、説明や確認をあまりしてくれない業者もあります。この業者も避けるべきです。

前述の様に、確認が甘いとイメージと違う物が出来る場合もあります。

また、製品の性能などを知らないままで設置し、適切な使い方が出来ないままで破損に至るケースもあり得ます。

その様な事態を避けるためにも、しっかりと説明をしてくれない業者は避けましょう。


4. 業者の選び方のポイント


画像:ピクスタ


それでは、業者の選び方のポイントはどこにあるのでしょうか?


4.1 費用だけで決めないこと

外構工事の業者選びで重要なのはコストです。しかし、コストだけを見て決めるのは必ずしも良いとは限りません。

コストダウンばかりに目が行ってしまうと、場合によっては粗悪な工事をする業者を引いてしまうこともあり得るからです。

また、工事内容が全く同じでも依頼した業者が専門ではない場合、下請けの業者に依頼するため高額になる場合もあります。

ですから、価格だけでなく内容もしっかりと確認して決めるべきなのです。


4.2 見積もり書の詳細は書かれているか

見積もり書を取ると、業者によって書き方が違って来る場合がありますが、詳細までしっかりと書いてあるかどうかが業者選びのポイントになります。

見積もりをしっかり詳細まで書いてくれるのは、買う方としてもチェックがしやすく、納得の行く工事かどうかの判断が出来るからです。


4.3 複数の業者に相談して比較する

工事を依頼する場合は、複数の業者に相談しましょう。その上で比較するのが良いでしょう。

先にも挙げた様に、相談を持ちかけた際の対応で業者の質も分かって来ます。

希望をしっかり聞きつつも、施工の可否を含めてしっかりと説明をしてくれるのがおすすめの業者です。


4.4 企業情報を調べる

従業員は何人か。また創業はいつで、安定した経営ができているかなどはとても重要です。

工事依頼の相談に行く前にしっかりと企業の情報を確認しましょう。


4.5 施工実績を確認する

外構工事の実績を調べるのも、業者選びのポイントとなります。工事の実績は業者の技術力を物語るからです。

最近ではサイトなどで施工実績を写真入りで紹介している業者もあるので、参考にして検討するのがおすすめです。


4.6 評判を調べる

現在ではネットなどでも業者の評判を調べることが可能です。レビューのチェックは業者選びの大きなポイントにもなります。

現地調査をしっかりと行ってから工事を行っているか。など事前にしっかりと確認しましょう。


4.7 アフターサービスの内容を聞く

施工後のアフターサービスの内容を確認しましょう。業者によっては「売りっぱなし」のところもあるので、注意が必要だからです。


5. まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は外構工事の業者選びについてご紹介しました。業者の良し悪しや選ぶポイントなども掴めたと思います。

住宅を建てるのに業者選びが重要であると同様に、外構工事も業者選びが大きなポイントとなります。納得の行く外構とするためにも、業者選びは慎重に進めましょう。

ただし、工事の依頼はただでさえやることが多く、大変なものです。

家族で工事内容を考えたり、情報を収集しながら、記事内であげたポイントを満たすような業者を自分で探してきて、見極めるのは難しいでしょう。

当サイトでも、専門オペレーターによる電話・メール相談や、地域の優良業者紹介を完全無料にて行なっております。

「エクステリアについて考え始めたけど、わからないことが多くて不安」「どこに頼んだら良いかわからない」「ハウスメーカーの言ってくれていることが本当なのかちょっと心配」といった方は、この機会にぜひ、まずは相談ベースにてお問い合わせください。






関連記事

関連する記事