失敗しない外構デザインとは?種類、失敗例、抑えたいポイントを解説

【投稿日】

【更新日】

「どんな外構デザインにしていいのか分からない」
「外構デザインを失敗させないためには、どうすればいいの?」

外構デザインで、こんな悩みをお持ちではありませんか?

実は、外構デザインは大きく分けて3種類しかありません。外構デザインを失敗させないためには、失敗例を抑えておくことで、できる限りの失敗は防ぐことができます。

  • 外構デザインは大きく分けて3種類ある
  • 外構デザインは失敗例を抑えておくことで、できる限りの失敗を抑えられる
  • この記事では、外構デザインの種類から失敗例、そして抑えておきたいポイントを解説します。最後までご覧になれば、安心して外構デザインを依頼することができますよ。



    1. 外構デザインの種類

    外構デザインには種類があります。これは、「クローズ外構デザイン」「オープン外構デザイン」「セミクローズ外構デザイン」の3種類です。この3つの外構デザインは、それぞれ特徴が違ってきます。あなたに合った外構デザインを選ぶためにも、3種類の外構デザインを抑えておきましょう。

    1.1. クローズ外構デザイン

    「クローズ外構デザイン」は、外側から内部を見られないようにシャットアウトするデザインです。これは、通常より高めの塀や生垣で囲むことで、内部を見られないようにします。

    そのため、外部から視線が気にならないので、庭にテラスを作ってのんびりできます。通行人の視線が気になる人におすすめのデザインです。

    1.2. オープン外構デザイン

    「オープン外構デザイン」は、外側からも見られる開放的なデザインです。これは、外側に高い門や塀を作らないことで、クローズ外構デザインとは対称的なデザインになっています。

    デザイン的にヨーロッパ風なので、国内では高い人気を誇るデザインです。さらに、費用が安く、工期も短いのでお得になります。ただし、防犯・プライバシーという観点からは懸念が必要です。開放的で、費用も少なく、すぐに外構を設置したい人にぴったりなデザインです。

    1.3. セミクローズ(セミオープン)外構デザイン

    「セミクローズ外構デザイン」とは、クローズ外構デザインとオープン外構デザインのメリットを足したような外構デザインです。これは、部分的に塀を設置したり、塀の高さを低くすることで、両方のデザインのメリットを享受しています。

    これなら、程よい開放感を演出し、さらに防犯・プライバシーの懸念もある程度は払拭できます。開放感を演出するデザインにしたいけど、防犯・プライバシーの懸念がある人におすすめです。

    2. 外構デザインの失敗例

    外構デザインの失敗を防ぐためにも、外構デザインの失敗例を参考にしましょう。失敗例を抑えておくことで、外構デザインで失敗することを防ぎます。例えば、立水栓とコンセントがなくて困ることを防げるのです。失敗しない外構デザインにするためにも、外構デザインの失敗例を抑えましょう。

    2.1. アプローチがすべりやすい

    アプローチがすべりやすくて失敗する事例があります。デザインを気にしすぎて、水はけの悪い、滑りやすいアプローチを選んでしまうと、後悔することになります。なので、できればノンスリップ加工されたものか、打ちっ放しのコンクリートがおすすめです。雨が降って転んでケガすることを避けるためにも、アプローチは安全なものを選びましょう。

    2.2. 立水栓の場所が悪い

    立水栓の場所が悪くて、失敗する事例があります。これは、洗車やガーデニングの時に、水が必要になっても届かない、または遠いと感じてしまうからです。

    多くの場合、立水栓は勝手口に設置されていますが、洗車の際だと、ホースが届かない場合が出てきます。なので、どこで水が必要になるか見極めて立水栓の設置を決める必要があるのです。立水栓の場所が悪くて後悔しないためにも、あらかじめ、どこで水が必要になるか把握しておきましょう。

    2.3. コンセントがない

    コンセントがなくて、失敗する事例があります。なぜなら、思っていた以上に屋外が暗く感じてしまうからです。

    例えば、駐車場や玄関付近は暗いままだと不審者を近づけてしまうかもしれません。なので防犯のためにも照明を点けておくと効果的です。また庭で夜間バーベキューをしたい時、コンセントがあれば照明を点けることができますね。夜、暗くて困らないためにも、コンセントが必要か考えましょう。

    2.4. 段差がある

    段差があって、失敗した事例があります。これは、あなた自身がいつまでも健康で、丈夫でいられる保証がないからです。どなたでも、いつかは高齢者になり、段差がきつく感じられます。アプローチに階段を設置していると、転倒する危険性だってあります。そのため、段差のない、バリアフリーを意識した造りが大切です。

    2.5. 想定していたデザインとは違う

    想定していたデザインと違って、失敗した事例があります。この原因は、業者と意思疎通がうまくいかなかったために、納得いかない外構が出来上がってしまうからです。

    このような失敗を防ぐためにも、業者と納得いくまで話し、信頼関係を結ぶ必要があります。もし、納得いかなかったら、業者を見直すことも大切です。後悔しないためにも、納得のいく外構デザインにするため、業者とトコトン話しましょう。

    2.6. 予算が大きくなってしまった

    予算が大きくなってしまって、失敗した事例があります。これは、知識がないので、業者の言われた通りにしてしまったためです。

    あらかじめまとまったコンセプトがないと、業者はドンドン要望を出していき、いつの間にか想定以上の見積もりが送られてきます。なので、予算を業者にしっかりと伝えて、予算内に収まるように交渉しましょう。

    2.7. 駐車スペースが狭い

    駐車スペースが狭くて、失敗する事例があります。なぜなら、車の出し入れが難しくなってしまうからです。

    通常、駐車スペースは奥行き5.9×幅2.9m以上の広さが基準としてあります。しかし、建物や道路の状況によっては、もう少しゆとりのある駐車スペースが必要になってきます。さらに、自転車をお持ちの家庭なら駐輪スペースも必要です。駐車や駐輪で困らないためにも、ゆとりのある駐車スペースを確保しましょう。

    2.8. 庭の手入れが面倒

    庭の手入れが面倒になり、失敗した事例があります。実は、庭の手入れは意外と大変な作業で、雑草を抜いたり、枯れ葉や花びらを掃除して処分しなくてはなりません。

    これはガーデニングや家庭菜園、植木をしている人だけ、ではなく、家の前に庭がある人はほぼ全員行います。もし、庭の手入れが面倒だと感じたら、タイルや玉砂利を敷いてみましょう。これで雑草を防ぐことができるので、庭の手入れの負担を少しは減らすことができますよ。

    3. 外構デザインで抑えておきたいポイント

    外構デザインでは、抑えておくべきポイントがあります。それは、目的をはっきり決めておくことです。

    どんな目的で外構を設置するのか決めておかないと、乱雑になってしまいます。これでは、デザインとして成り立たず問題です。満足できる外構デザインにするためにも、あらかじめ、何のために外構を設置するのか目的を決めておきましょう。

    3.1. 防犯のため

    防犯を目的に外構を設置するのも大切です。なぜなら、フェンスや砂利を敷き詰めるのは防犯として効果があります。

    そもそも外構とは、防犯上の目的で設置されてきました。これがいつの間にか「おしゃれ」を意識したエクステリアと呼ばれるようになったのです。なので、防犯を目的に外構を設置するには、何も変わったことではありません。

    もし防犯のために外構を設置するのでしたら、クローズ外構デザインがおすすめです。高い塀や生垣で囲むので、外部からの侵入者を防ぎます。家の安全のためにも、外構で防犯性を高めましょう。

    3.2. 快適な暮らしのため

    快適な暮らしを目的に外構を設置するのも大切です。なぜなら、外構を設置することで、今までとは違った楽しみ方ができるからです。

    例えば、ガーデニングや家庭菜園を行なったり、家族でバーベキューを楽しんだり、休みの日はウッドデッキで読書をしたり、そんな、今までとは違った楽しみ方ができます。

    外構を設置して、今より快適な暮らしを実現してみましょう。

    3.3. 目隠しのため

    目隠しを目的に外構を設置するのも大切です。なぜなら、外構を設置していないと、玄関先から通行人に「こんにちは」ができてしまうからです。

    家から出て通行人に遭遇するのは何となく嫌ですよね。ほかにも、外から窓が丸見えになってしまうのはプライバシーの懸念があります。

    通行人の視線を防いで、安心した生活を送るためにも目隠しを目的に外構を設置してみましょう。

    4. 納得できる外構デザインを実現させよう

    ここまで、外構デザインの失敗例、種類、抑えておきたいポイントを解説しました。

    外構デザインは、「クローズ外構デザイン」「オープン外構デザイン」「セミクローズ外構デザイン」の3種類があります。これらは外構デザインを決める上でも基本的な方針です。

    自分がどんな外構デザインにしたいのか、あらかじめ決めて納得のいく外構デザインを実現させましょう。



    関連する記事