ベランダのリフォーム費用はどのくらい?目的別の予算や注意点を解説

投稿日:

更新日:

ベランダのリフォーム費用はどのくらい?目的別の予算や注意点を解説

家のベランダを素敵にリフォームしたい、老朽化でダメージが出てきたのでメンテナンスのためリフォームしたいと考える場合、気になるのは費用です。ベランダのリフォームの目的や規模などによって、リフォームにかかる費用は違ってきます。
ベランダのリフォームの目的がなんであるか、自分が想像するベランダにするためにはどのくらいの予算を考えておけばよいのかなど、ベランダのリフォームについての費用をみていきましょう。



1. ベランダのリフォームの目的は

ベランダのリフォームといってもさまざまなリフォームがあります。ベランダが老朽化した場合や、デザインやサイズを変えたいという目的や、一部だけを変えたいという目的などがあり、目的によって費用や方法などもさまざまです。ベランダをリフォームする主な目的について知ってみましょう。

1.1. ベランダのメンテナンスのため

雨風などにさらされてベランダが老朽化してきたり、床の防水やサビ防止などのメンテナンスを目的としたリフォームは、長年住んでいるうちに必要となることがあります。老朽化したベランダは、危険性も出てくるため必然的にリフォームが必要となるのです。 ベランダは、雨風にさらされるため、防水・耐久性に優れていないといけません。元々の状態が万全であったとしても、長く使用しているうちにベランダも傷みがでてきます。その場合は、安全のために早急にリフォームをするようにするべきです。

1.2. 機能性やデザイン性

大がかりではないリフォームには、床材交換や屋根の取り付けなどがあります。ベランダの一部を取り換えるというリフォームになるので、デザインを変えたりバルコニーに屋根を付けるなどが多くあります。老朽化も含めてメンテナンス的な要素も含まれますが、デザインを変える楽しみもあります。 コンクリートの床だった場所に、ウッドデッキを貼りつけるというリフォームは、雰囲気も変わり気分転換にもなります。バルコニーだった場所に屋根をつけて、洗濯ものを干せるようにすれば生活に便利さが加わることになります。新しくするまでもないけど、少しデザインや機能を加えたい場合のリフォームです。

1.3. 新たなスペースとして

ベランダがなかったところに、新たにベランダを新設したり、新しいベランダに取り換えるなど大がかりなリフォームもあります。元々あったベランダを拡張するなども大がかりなリフォームとなります。あまり使用していないベランダにサンルーフをつける場合などもあります。 大規模なリフォームになれば、新たなスペースとして生まれるベランダになるため、デザインや素材などを選ぶ楽しみもあります。お子様が大きくなったり、ペットを飼い始めたなどの理由で、ベランダを新たに作る人もいるでしょう。

2. マンションや集合住宅のベランダリフォームについて

マンションや集合住宅に住んでいる場合に、ベランダのリフォームを行いたい場合はどうしたらよいのでしょうか。戸建ての持ち家である場合は、自分の敷地内でのリフォームは可能ですが、マンションなどの集合住宅の場合はどんな規制があるのでしょうか。

2.1. 基本的にベランダリフォームは禁止

マンションなどの集合住宅の場合は、ベランダは占有部分ではないため基本的にリフォームは禁止されています。マンションでリフォームが可能なのは、占有部分のみとされています。つまり、占有部分とは室内のことを指しています。ベランダは部屋の延長で、占有部分と考えやすいのですが実は違います。 ベランダは、マンションの廊下やエレベーターなどと同じ扱いになり、占有部分とは認識されていません。そのため、マンションなどの集合住宅の場合は、ベランダを勝手にリフォームすることは禁止されているのです。ベランダが占有部分ではない理由は、外観が変わってしまうことにあります。 そして、もうひとつは緊急事態の際に避難路とされる場合もあり、マンション管理組合の規定に違反してしまうことにもなりかねないためです。これらの理由により、ベランダのリフォームについては禁止されているのです。

2.2. マンションで可能なリフォームとは

マンションなどの集合住宅は、基本的にリフォームは禁止ですが、簡単なリフォームであれば可能なものもあります。景観が変わってしまうようなリフォームではなく、床にタイルを置いたりなど簡単に元に戻すことができるようなリフォームであれば、可能な場合があります。 最近人気のウッドデッキ風にすのこを敷くなどであれば、元に戻すことができますし、雰囲気を変えることもできます。マンションの規定もあるので、簡単なリフォームをする場合でも確認をしておくとよいでしょう。リフォームのポイントとしては元に戻せるものであることです。 ベランダを傷つけたり、元の状態に戻せないようなDIYについては禁止されているので、大がかりなリフォームをすることはやめましょう。

2.3. 防犯の一環として

マンションのベランダが丸見えになってしまうことが気になる場合もあります。階数が低い部屋の場合は、特に防犯面でも不安があるでしょう。その場合、ベランダに目隠しをするような簡単なリフォームをしたいという人もいます。 このリフォームについてもマンションの規定を確認しましょう。外からの景観を損ねてしまうようなリフォームは、禁止されていることも多いのでどの程度までやってよいのかを確認し、可能であれば簡単なリフォームをするとよいでしょう。 目隠しで簡単にできるのは、バルコニーの柵にシェードを貼ったり、オーニングなどであれば簡単に目隠しのリフォームができます。フェイクのグリーンをバルコニーの柵につけるのも、簡単で手入れの必要がないので虫の心配もなく使えるでしょう。

3. ベランダリフォームの費用

ベランダのリフォームにかかる費用は、どのくらいなのでしょうか。ベランダリフォームの目的や、家の状況によっても費用は違ってきます。リフォームに必要な費用を知って、ベランダリフォームの予算に見合ったリフォームを考えてみましょう。

3.1. ベランダに防水加工する場合

ベランダのメンテナンスのためのリフォームには、防水加工を施すケースもあります。防水加工には、FRP防水・ウレタン加工・シート防水・アスファルト防水の4種類があり、それぞれ費用の相場が違います。FRPというのは、繊維強化プラスチックを使用した防水で、新築の家などに多く使われています。 高い防水性や耐熱性、耐久性があり工事が1〜2日で終わるのがメリットです。ただし、ひび割れなどが出ることもあるので5〜8年ごとに塗り替えをした方がよいといわれています。この工法の費用は10万円〜15万円です。ウレタン防水は、比較的コストが安いことがメリットです。 この工法も一般的ですが、人の手によって塗られるため場合によっては均一化が難しいのが難点です。劣化に弱いため、5〜6年ごとの塗り替えが必要です。費用は、8万円〜10万円といわれています。シート防水は、温コストが抑えられるメリットがありますが、劣化した場合シートごと変えるので、撤去代とシート代がかかってしまいます。 この工法の費用は、7万円〜9万円です。アスファルト防水は、耐久年数の長さにメリットがあります。約20年の耐久性があるので、初期費用はかかっても長い目で見ればお得だといえます。デメリットは、劣化が激しい場所の場合工期が長いという点です。この工法の費用は、20万円〜30万円といわれています。

3.2. ベランダを増築する場合

ベランダを後付けしたり、拡張する場合はサイズや場所によって費用が違ってきます。ベランダを後付けで、あまり大きくないサイズのベランダを設置する場合は、30万円〜60万円の費用となります。簡単な柱なしのものであれば比較的安価でできます。素材やデザインにこだわれば、その分が上乗せされることになります。 ベランダを拡張する場合は、どれだけのサイズで拡張するかで違ってきます。既存のベランダとそのまま同じデザインでというケースは少ないので、既存の部分も含めてのリフォームとなるでしょう。その場合、費用はその分かかることになります。費用は、30万円〜40万円といわれています。

3.3. バルコニーの屋根を設置する場合

バルコニーに屋根をつけてベランダ化するリフォームは、屋根のタイプにフラット型とアール型があります。費用の違いは、屋根の広さで違ってきます。雨が吹き込みやすい難点があるフラット型ですが、開放感があるメリットがあります。アール型は雨が吹き込みにくいのと、雪が落ちていくメリットがあります。 バルコニーに屋根をつける場合の費用は、10万円〜20万円といわれています。比較的手頃な費用でリフォームができます。屋根をつけるリフォームには、サンルームをつけるケースもあります。ガラスでシャットダウンされたサンルームは、雨の日でも使えるので洗濯もの干しや、お子様が開放的に遊べるメリットがあります。 サンルームをバルコニーにつける場合の費用は、40万円〜70万円といわれています。開放的で便利なサンルームですが、窓ガラスは汚れが目立ちやすいので、こまめな掃除などが必要となります。

3.4. その他のリフォームのケース

一階の屋根部分にベランダを新たに取り付ける、ベランダの増築のケースの場合は費用が100万円ほどといわれています。既存の2階にある部屋からの出入りができるように、ベランダ以外に窓も工事する場合もあります。 そして、一階部分が駐車場の上にベランダを増築する場合は150万円ほどかかります。これは、広さによっても違ってきます。そして、2世帯住宅に改築する際に1階を増築し2階部分にベランダを取り付けるケースもよくあります。比較的大がかりなリフォームになるので300万円ほどの費用がかかります。 ベランダのリフォームの費用は、広さや場所、選ぶデザインなどでかなり違ってきます。簡単なものであれば、さほど費用はかかりませんが大がかりになればそれなりにかかるといえます。

4. ベランダリフォームの注意点

ベランダをリフォームする際は、注意点がいくつかあります。せっかくお金を掛けて素敵なベランダを手に入れようとしても、機能性などを考えずに作ってしまうと、後でまたリフォームが必要となったり、使えなくなってしまうことにもなりかねません。ベランダリフォームの注意点についてみていきましょう。

4.1. ベランダを取り付ける方角

ベランダを取り付ける位置や方角には注意しなければいけません。もちろん家の間取りの関係もありますが、特に洗濯ものを干すスペースとして考えているのであれば、日当たりがよい方角に作るべきです。せっかく作ったベランダが、北向きや北西であっては日差しがあまり当たらず乾きにくくなってしまいます。 できれば、南向きや南東向きに作ることをおすすめします。洗濯もの以外でも、日当たりのよくない場所にベランダがあるとあまり使わなくなってしまう可能性もあり、単に物置のようになってしまう可能性もあります。ベランダを作る位置や方角には注意して考えるようにしてください。

4.2. 取りつける屋根のサイズ

ベランダに屋根を取り付けるリフォームをする場合は、屋根のサイズに注意をしましょう。雨をよけるためや、日差しを防ぐための屋根であるのに、そのサイズが足りなかったり長すぎたりしてしまうのは意味がなくなってしまいます。 物干し竿を置くスペースや間隔もあるので、屋根が正しい長さである必要があります。屋根を取り付ける際は、必ず長さを確認するようにしてください。

4.3. 防水や排水

ベランダのリフォームで防水を行う場合は別ですが、新たにベランダを取り付ける際などでは、必ず防水加工が施されているかどうかを確認しましょう。ベランダは、雨風にさらされる環境にあるので、防水加工が施されていないとダメージを受けてしまいます。 そして、ベランダの排水がしっかり流れるような勾配があるかどうかもポイントです。排水がしっかりされないと、水が溜まってしまい水漏れなどの原因ともなります。リフォームを行う際には、しっかりと確認をしましょう。

4.4. デザインの確認

ベランダをリフォームしてオシャレなデザインにしたいと考える人は多いでしょう。デザインを考える際は、既存の家のデザインに合うかどうかを考えなければいけません。例えば、シンプルなデザインの家なのにベランダだけ浮いてしまうようなポップなカラーを選んでしまったりするような例です。 ベランダだけでなく、家全体を外から見た場合に浮いていないかを考慮する必要があるのです。家全体の改築であれば別ですが、ベランダのみのリフォームは、そこだけが浮いてしまうことになる可能性もあるので注意しましょう。

4.5. リフォーム業者選び

ベランダリフォームは、業者選びも非常に大きなポイントです。工事が必要なリフォームの場合、手抜き工事などが問題になることも考えられます。工事の技術をしっかりと持った信頼できる業者を探すようにしましょう。最初はよくても後々問題点が発生すれば、また費用がかかってしまうことになってしまうからです。 そのためには、複数の業者に見積もりを依頼することが大切です。一括見積りが可能なヌリカエであれば、信頼できる業者から複数の見積もりを出してもらうことができます。
    

5. エクステリア工事が得意な業者を探そう

ベランダのリフォームを考えているのであれば、目的や場所、デザインなどの構想、費用の相場を知っておくことが必要です。そして、最も重要だといっても過言ではないのはエクステリア工事が得意な業者をみつけることです。技術の高い信頼できる業者に出会えれば、納得できるベランダリフォームができるはずです。

5.1. エクステリア工事の一括見積もりができるヌリカエに

エクステリア工事の業者を探すのであれば、無料一括見積りができるヌリカエがおすすめです。多くの業者を扱っており、技術や信頼の高い業者が揃っています。どの業者を選べばよいのかポイントがわからない人でも、一括見積りなので複数の業者を比較することができます。 ベランダリフォームを決めたのであれば、ヌリカエに一括見積り依頼をしてみるとよいでしょう。自分に合った納得できる業者を選ぶことができるでしょう。